ログハウスの種類

HOME > ログハウスの種類
ハンドカットログハウス ハンドカットログハウス 『ハンドカット』とはノッチやグルーブなどの刻み作業をチェンソー等を使って加工する方法をいいます。原木の丸太を手で剥くピーリングから始まって、ログ材の加工は全て手作業で行われます。

したがってログ材一本一本の表情が異なり、木の素材感がストレートに伝わってくるのが魅力です。時間も手間もかかりますが、この世に一棟しかない個性豊かなログハウスができ上がります。
ハンドカット独特の楽しさがあります。

キハタトレーディングでは高品質のウエスタンレッドシダーを使用し、ダイナミックで迫力のあるプランが特徴です。
母屋、棟木などに根株丸太を使用したプランも好評です。
マシンカットログハウス マシンカットログハウス 『マシンカット』とは製材機で一定のサイズに加工したログ材で組み立てられたログハウスのことをいいます。材は角材・D型・丸形のものがあります。

加工を機械で行うため、加工性が高く、材の品質が安定しているのが特徴です。ハンドカットのような手作りのぬくもりは感じられませんが木の香りは十分に味わえます。

角ログを使ったログハウスは壁面がフラットになるので家具の納まりがよく一般住宅のような間取りが可能です。

キハタトレーディングでは良質のウエスタンレッドシダーを使用し、割れが少なく高級感あふれるたたずまいが特徴です。
ポスト&ビームログハウス ポスト&ビームログハウス 『ポスト&ビーム』とは丸太の柱(ポスト)と梁(ビーム)で建てられる家のことをいいます。
日本の在来工法とほとんど同じ構造形式ですが、大きく異なる点は柱・梁に使われる材が角材ではなく太いログ材であることです。

柱と柱の間の壁には漆喰や珪藻土、板張り等のさまざまな仕上げ材が選択できるため個性ある演出が可能になります。
外壁に不燃材を使用することによって、防火等の規制を受けることが少なくなりました。

キハタトレーディングではイエローシダーや桧を使用し、外壁の漆喰と見事に調和した飾らないシンプルなプランが好評です。